Simply(シンプリー)はエプロンを中心とした新しいキッチンブランドです。

simply

送料無料

  • メールマガジン
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ
  • 店舗情報
  • header_viewcart

simply

  • header_viewcart

RECOMMENDED ITEMS

Home PROJECT(事例紹介) > ヤマキ株式会社「ヤマキだし部」エプロン制作
CONTENTS
創業100年の老舗に生まれた、新しい部活!?
「鰹節屋のヤマキ」の根幹を伝えるために
メンバーみんなで着けるものだからこそ、モチベーションが上がるものを作りたい。
日常の「ちょっといいもの」を求めて
時代に合わせて、カジュアルに。ほんものの素材の味を伝えたい
オリジナルエプロン制作のきっかけ
メンバーみんなで着けるものだからこそ、モチベーションが上がるものを作りたい。
Simply:
そういったブランド背景もふまえつつ、「ヤマキだし部」活動の「シンボル」としてエプロンを導入したということですが、具体的なエプロンへの要望があったのでしょうか?
ヤマキ鈴木様:
「ヤマキだし部」は本メンバーの皆さんの自主的な活動が中心なので、モチベーションが高くないとなかなか継続するのは難しいことだ思っています。モチベーションを保つのは本当に大変です。1年間となると忙しい生活の合間でどうしても波が出てきてしまうので…。
私たちも、そういったモチベーションを保つ仕掛けが必要だと考えていました。例えば、定期的にイベントを実施したり、あとはみんなでメンバー意識や共通意識を持つきっかけになるアイテムがあれば、よりモチベーションを上げて頂けるのかもしれないということで、何かしらメンバーの一体感を生むものを作りたいな、とは立ち上げの当初から思っていまして。
それで、最初はシンボルとしてロゴを作ったんですね。せっかくロゴを作ったのですが、ロゴって形のあるものではないので、やはり手元に置いて、形のあるものに残していきたいなという想いがあり、ノベルティの制作が企画として持ち上がりました。
そこで一番身に着けていただきやすいものって何だろうと考えた末、料理される方なので、料理道具としてのエプロンをお揃いのユニフォーム兼ノベルティとしてお渡しすることになりました。
「おだし」が作る豊かさを形に残したい。
日常の「ちょっといいもの」を求めて
Simply:
エプロンはキッチンでその人に一番近い料理道具ですよね。
ちなみに、今回のノベルティは他の料理道具もご検討されたのでしょうか?
ヤマキ鈴木様:
はい。ただやはり食器は各家庭で好みが分かれる可能性もあるので、難しいかなと。
イベントの時にもみんな揃って着けていただきやすいのが良いな、というのがあったので、ノベルティの候補としては当初からエプロンを検討していました。
Simply:
決められるまで検討の末だったかと思いますが、どの位探されたのでしょうか?
ヤマキ鈴木様:
結構探しました(笑)。今回は先ほどお話したオリジナルのロゴを入れたかったので、ロゴが映えるシンプルなデザインがいいなっていうのが第一の条件でした。また、メンバーさんも好みが分かれるので、なるべくみんなに馴染みやすい形・デザインがいいのかな、というのがあって、その視点で探すと意外となくて…。一般に販売されているもの、ロゴ対応もしてくださるメーカーさんというのがなかなかなかったので、探すのに苦労しました。かといって、量販されているものではつまらないなと思っていたんです。
インターネットで商品を探していた際にSimplyのオンラインショップに辿り着きましたが、サイト内で他社さんの事例でコラボしたという事例の紹介記事を見て、まずは問い合せさせていただいた、という感じです。エプロンだけではなくて、使用シーンみたいなものも併せて出されているので、分かりやすいなと。
そこでオンラインショップへ問い合せしたら、営業ご担当の方からスピーディーにご返答いただけたので、「そうか、やっていただけるんだったらすぐやりたいな」という感じで。それからすぐにお話進めさせていただきました。
Simply:
ありがたいお言葉です。最初の打ち合わせの時から、御社には品質にこだわりというか、「いいものが作りたい」という想いを強く感じました。
ヤマキ鈴木様:
せっかくだったらずっと使い続けていただきたいというのがあったので、こだわりがありました。かといってあまりにも使いづらい素材や、ご家庭に帰ったらずっと仕舞われているままとなるとちょっと悲しいな、と思ってもいまして…。
日常的に使いやすくて着けていて楽しい気分になるエプロンを想定していましたが、ご提案いただいたエプロンはその点でこだわりにマッチしていました。
Simply:
Simplyも、お出かけできるエプロンをコンセプトに、デザインはシンプルで高品質を目指しています。
手前味噌ではありますが、気持ちが豊かになる、その先に生活の豊かさを目指しているというところでは、御社のコンセプトとリンクするところがあるかと思います。
ヤマキ鈴木様:
そうですね。あまり高いものは手が出ないけど、だしも「ちょっといいもの」を使うと料理のベースで味がしっかり決まったりですとか、ちょっと料理上手になった気持ちになれるというところがあるので、その「ちょっとした品質の良さ」と言いますか、上質まではいかないにしても、ちょっと品質がいい、というところに魅力があるのかなと思っています。
調味料同様、エプロンも高すぎるとやはり日常使いしにくいイメージになっちゃうと思うんですけれども、今回商品化したカラーエプロンはプライス的にもそこまで高くもなく、「ちょっとした品質の良さ」を感じるものだと思います。
キッチンに立つ時間を少しでも楽しくする「おだし」と「エプロン」の関係
時代に合わせて、カジュアルに。ほんものの素材の味を伝えたい
Simply:
「ヤマキだし部」の活動では、消費者の方の目線でのレシピの発信を通して、「おだし」の門戸を拡げたと言えますね。今後の活動のご展望などはありますでしょうか。
ヤマキ鈴木様:
背景としても、和食が2013年にユネスコの無形文化遺産に登録になり、内食・外食含めて和の食文化を見直す機会が増えてきています。
私たちヤマキとしては、「だしって難しいって思われているけど、そんなことないよ」っていうのをもっとちゃんと伝えていった方がいいかなって気がしていますね。
私たちの根幹としている鰹節でだしをとるというシーン自体はどんどん減少していっています。そこはそこで課題なんですけれども、鰹節でとるだしにとって替わるものとして「だしパック」の需要が伸びてきています。「だしパック」は、簡便には取れるけれども、素材自体の味を楽しめるだしですね。どうしても粉末のだしでは香りが弱かったりする部分があるのですが、天然素材からとるだしの風味を、再現性高く味わえる「だしパック」の需要から、素材自体への嗜好は高まっていると言えます。
Simply:
なるほど。先日打ち合わせ時にいただいた「だしパック」を使って料理しましたが、非常に美味しかったです!
ヤマキ鈴木様:
皆さん忙しい仕事の合間でキッチンに立つ時間が少なくなっているので、少しでも楽しんで立っていただけたら嬉しいです。(笑)
Simply:
弊社のエプロンもそういった活動にお役に立てれば光栄です。本日は貴重なお話をありがとうございました。
関連商品
事例紹介
PROJECT
「ヤマキだし部」オリジナルエプロン制作
ITEMS
エプロン:コットンツイルカラーエプロン/ロング(別注色) 40枚
カラーキッチンクロス:5色(別注色) 50枚
※オリジナルロゴプリント代別途
DATE
2017年11月下旬
CLIENT
ヤマキ株式会社
関連リンク
ヤマキ株式会社「ヤマキだし部」
http://www.recipe-blog.jp/sp/r170501y
記事中で紹介したレシピブログは、こちらでご覧いただけます。
取材後記
忙しい毎日の中でも、本物の素材を使って料理をする楽しさを伝えたいという願いで始められたというヤマキ様の「ヤマキだし部」活動。当日は、その鰹節屋・だし屋としての素材へのこだわりを感じるインタビューになりました。料理のベースの決め手となる「おだし」とともに、ほんのちょっとした質の良さを楽しむ瞬間に、Simplyのエプロンが寄り添っていけたらと思います。
(2017/11月・記)
  • DENIM APRON

  • APRON

  • GARCON

  • WORLWEAR

  • T-shirt

  • BAG

feature

  • MOTHER'S DAY!!2018

  • 2018 SPRING & SUMMER ORIGINAL FABRIC SERIES

  • SPRING-SUMMER COLLECTION 2018

    SPRING-SUMMER COLLECTION 2018

  • AW2017

    大切な人の笑顔を思い浮かべながら作る料理

  • AW2017

    2017 AUTUMN & WINTER ORIGINAL FABRIC SERIES

  • AW2017

    AUTUMN-WINTER COLLECTION 2017

  • バッグ特集

    毎日使いたいすぐれものBag

  • 「SUU」×「Simply」カラーチノ胸当てエプロン

    「SUU」×「Simply」カラーチノ胸当てエプロン

  • 光浦醸造 & Simply リネンマルチクロスエプロン

    「光浦醸造」と「Simply」の別注マルチクロスエプロン

  • ウフウフファーム

    新たな展開 ufu uhu FARM スタッフエプロン別注生産

  • collection 2017ss

    家族のために思いを込めて

  • collection 2017ss

    家族と一緒に家事を楽しむ

  • こだわりのアイテムで楽しいキッチンライフ

  • 様々なバリエーションのデニムエプロン

  • デニム工場

    こだわりのデニムエプロン生産の地 岡山県倉敷市児嶋へ工場レポート

Mail Magazine

新商品やセールの情報をお届けいたします! 本会員へのご登録はこちらへお進みください。

categories